広瀬統一, 博士(学術) <Norikazu Hirose>

 

早稲田大学

スポーツ科学学術院 教授

アスレティックトレーニング研究室

 

日本体育協会公認

アスレティックトレーナー

 

 

 

神戸生まれの東京育ち。趣味はサッカー、トレーニング指導、B級グルメ。

 

 

専門分野

アスレティックトレーニング

コンディショニング

タレント識別・発達

 

略歴

早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業

東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了

 

アスレティックトレーナー/コンディショニングコーチ指導歴

東京ヴェルディ(ヴェルディ川崎)育成チーム

名古屋グランパスユースアカデミー

京都サンガユースアカデミー

ジェフ千葉ユースアカデミー

JFAアカデミー福島女子チーム

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)

JFAフィジカルフィットネスプロジェクトメンバー

 

所属学会・研究会

日本フットボール学会

日本アスレティックトレーニング学会

日本体力医学会

日本臨床スポーツ医学会

European College of Sports Science

スポーツ科学未来研究所(FIfSS)研究員

アスレティックトレーニング研究室

アスレティックトレーニング研究室では、アスリートのパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防を目的として、日々研究と実践に努めています。常に科学と現場の懸け橋となるために活動しています。

 

ロゴは研究室の哲学を表現したものです。

Wasedaを発信地とし、Athletic Training研究で得られた成果をスポーツ現場に還元する。またスポーツ現場で感じた疑問を研究する。2つの環境に身を置くことにより、実践的な研究を発展させ、アスリートの競技力向上に貢献していく決意を表しているのです。

(ロゴ作者 小黒喬史)                          

主な研究テーマ(キーワード)

 

アスリートの傷害(再発)予防プログラム構築

下肢外傷予防、脳振盪、足関節機能的不安定性

・女性アスリート

アスリートのコンディショニング戦略開発

・ウオームアップ、プレハブ(コア、ストレッチ)

・疲労回復・パフォーマンス維持

・アジリティ

ユースアスリートのタレント発掘

・生物学的成熟度評価指標、相対的年齢効果

子どもの体力向上

・小児期の運動習慣、楽しく運動

 

*その他、スポーツ現場と科学を結ぶ研究を多岐にわたり行っています!

主な研究費と共同・受託研究

 

科研費

基盤研究(B) H28~H30:成長期男女サッカー選手の成熟度を考慮した運動能力発達と成熟度評価指標の検討(代表)

基盤研究(C) H24H26女性アスリートの方向転換能力向上要因分析と年代別トレーニングプログラム構築(代表) 

若手研究(B) H19H21生物学的成熟度を考慮した球技系トップアスリートのタレント発掘指標(代表)  

基盤研究(C) H17H19成長期トップレベルアスリートの事象関連電位の変化と骨年齢の関係(分担)

 

受託研究(共同研究)

H23~ キネシオロジーテープの臨床効果検証(受託)

H21~ ペプチド飲料の臨床効果検証(共同)

What's New!