スポーツ科学と現場をつなぐ研究会 開催!

来る4月11日(土)に、スポーツ科学未来研究所主催で研究会を開催します!

 

場所:早稲田大学東伏見キャンパス(ステップ22) 205室

時間:13:30-18:00 (13:00会場 懇親会は18:30-20:00)

費用:無料 (懇親会費は一般1000円、学生500円、高校生以下は無料)


参加希望の方は fifss2015@gmail.com へメールをください。懇親会参加希望も合わせてご連絡下さい。

 

 13:30-シンポジウム 「スポーツ科学は競技力向上や健康増進に貢献できるか?」

・女子サッカー選手のコンディショニング(広瀬統一)

・中高齢者の不眠症状に対する運動の効果(守田優子)

・前十字靱帯損傷と末梢神経系の変化(小西優)

・女性スポーツ競技者のためのヘルスプロモーション(寅嶋静香)

・エクササイズ科学と身体づくり(山内潤一郎)

 

15:45ー招待講演

Use of Functional Lower Extremity Evaluation in Return to Play Decision

下肢のファンクショナルな機能評価を用いたアスリートの競技復帰判断

講師:Tammy Moreno (Stanford University)

 

17:00ー特別講演

日本陸連における女性アスリートの医科学サポート

講師:鳥居俊(早稲田大学スポーツ科学学術院)

 

 

すべて非常に興味深いテーマで最先端の情報を提供していただきます! 

スポーツやリハビリテーションに興味ある一般の方、学生、アスレティックトレーナー、研究者などなど、多くの方の参加をお待ちしています。参加費は無料です!

 

*ステップ22: 西武新宿線東伏見駅下車1分


fifss2015_ポスター_ver3.pdf
PDFファイル 531.3 KB