【学術論文

 

International Journal

 

Hirose N, Seki T. (2016). Two-year changes in anthropometric and motor ability values as talent identification indexes in youth soccer players. J Med Sci Sports, 19(2), 158-162.

 

Akiyama K, Noh B, Fukano M, Miyakawa S, Hirose N, Fukubayashi T. (2015). Analysis of the talocrural and subtalar joint motions in patients with medial tibial stress syndrome. J Foot Ankle Res, 8(25), in print.

 

Akiyama K, Akagi R, Hirayama K, Hirose N, Takahashi H, Fukubayshi T. (2015). Shear modulus of the lower leg muscles in subjects with medial tibial stress syndrome. Ultrasound Med Biol, in print.

 

Hirose N, Nakahori C. (2015). Age differences in change of direction performance and its sub-elements in female soccer players. Int J Sports Physiol Perform, 10(4), 440-445.

 

Ono T, Higashihara A, Hirose N, Fukubayashi T. (2014). Estimation of Tensile Force in the Hamstring Muscles during Overground Sprinting. Int J Sports Med, 36(2), 163-168.

 

Ogoh S, Tsukamoto H, Hirasawa A, Hasegawa H, Hirose N, Hashimoto T. (2014). The effect of changes in cerebral blood flow on cognitive function during exercise. 

 

Kubo K, Teshima T, Ikebukuro T, Hirose N, Tsunoda N. (2014). Tendon properties and muscle architecture for knee extensors and plantar flexors in boys and men. Clin Biomech, 29(5), 506-511.

 

Kubo K, Teshima T, Hirose N, Tsunoda N. (2014). Growth Changes in Morphological and Mechanical Properties of Human Patellar Tendon In Vivo. J Appl Biomech. 30(3), 415-422.

 

 

Kubo K, Teshima T, Hirose N, Tsunoda N. (2014). A Cross-Sectional Study of the Plantar Flexor Muscle and Tendon during Growth. Int J Sports Med, 35(10), 828-834.

 

Hirose N, Sato M, Yanagisawa O, Fukubayashi T. (2013). Milk peptide intake may reduce muscle damage after eccentric exercise. Int J Spo Health Sci, 11, 20-28.

 

 

Hirose N, Hirano A. (2012). The bias toward biological maturation through the talent selection in Japanese elite youth soccer players. Int J Spo Health Sci, 10, 30-38.

 

Konishi Y, Oda S, Tsukazaki S, Hirose N, Fukubayashi T. (2011). Relationship between quadriceps femoris muscle volume and muscle torque after anterior cruciate ligament rupture. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc, 19(4), 641-645.

 

Hirose N. (2011). Prediction of talent in youth soccer players: prospective study over 4-6 years. Football Science, 8, 1-7.

 

Hirose N. (2009). Relationships among birth-month distribution, skeletal age and anthropometric characteristics in adolescent elite soccer players. J Sports Sci, 27(11), 1159-1166.

 

 

Hirose N, Hirano A, Fukubayashi T. (2004). Biological maturity and choice reaction time in Japanese adolescent soccer players. Res Sports Med, 45-58.

 

 

国内誌

 

秋山圭、広瀬統一、福林徹. (2015). 脛骨内側ストレス症候群を有した選手における足部の特徴. 臨床スポーツ医学, 23(1), 25-32.

 

熊崎晶、星川精豪、太田千尋、鳥居俊、広瀬統一. (2015). 大学ラグビー選手の頭部衝撃既往は認知機能に影響を及ぼしているか?  臨床スポーツ医学, 23(1), 66-73.

 

川本竜史, 堀野博幸, 太田真司, 山口由美子, 島田真梨子, 黒澤尚, 岩崎陸, 広瀬統一. (2015). ユニバーシアードサッカー日本女子代表選手の体力特性,トレーニング科学,  26(3), 169-176.

 

星川 精豪 , 藤田 基弘 , 広瀬 統一. (2015). バスケットボール選手のジャンプ動作の年代別特徴,トレーニング科学, 26(4), 211-219.

 

 

柳下幸太郎、広瀬統一. (2013) 骨盤傾斜の変化が動作の遅速に及ぼす影響. スポーツ科学研究, 10, 198-208. (http://waseda-sport.jp/ronbun_2013.php)

 

 

 

【総説・解説】

 

広瀬統一、峯田晋史郎. 2015. アジリティおよび身体バランスのトレーニング、臨床スポーツ医学, 32(2), 172-185.

 

広瀬統一. (2014). アスリートのコンディショニングにおけるディトレーニング. 体育の科学, 64(10), 707-712.

 

広瀬統一. (2011). スポーツ障害のリハビリテーション―持久力トレーニングについて―. Medical Rehabilitation, 137, 127-133.

 

安松幹展、広瀬統一. (2010). フィジカルチェック結果からみた日本人選手の特徴. トレーニング科学, 20(4), 307-312.

 

広瀬統一. (2009). ユースサッカー選手のスポーツ傷害と発育発達. バイオメカニクス研究、13(4), 212-217.

 

広瀬統一. (2009). フィジカルコーチからみた『なでしこJAPAN』の体力特性. フットボールの科学, 4(1) , 4-9.

 

広瀬統一. (2008). サッカーのタレント発掘と育成. トレーニング科学, 20(4), 251-257.

 

覚張秀樹, 広瀬統一. (2006). 痛みに対する徒手療法―ストレッチング, 理学療法, 23(1), 178-184.

 

 

【著書】

 

大人女子の体幹ストレッチ: もう二度と太らない体になる, 学研プラス, 2015.

 

「疲れにくい体」をつくる 非筋肉トレーニング 運動効率3割UP!の「全身協調力」を鍛えよう, KADOKAWA/角川書店, 2015.

 

女子の体幹レッスン: 美しい身体になる筋肉のつけ方, 学研プラス, 2014.

 

競技における素早さ (競技種目特性からみたリハビリテーションとリコンディショニング, 山本利春 編)、文光堂, 2014.

 

競技種目特性からみた動きの素早さの習得(競技種目特性からみたリハビリテーションとリコンディショニング、福林 徹・小林寛和 監修)、文光堂, 2013.

 

子どもの運動不足と体力低下(加齢と発育の科学、高石昌弘 監修)、大修館書店, 2012.

 

スポーツ現場での外傷・障害と応急処置(スポーツ指導者に必要な生理学と運動生理学の知識、村岡功 編著)、市村出版, 2012.

 

バランスエクササイズ &コーディネーションエクササイズ(スポーツトレーナーマニュアル」、武藤芳照・鹿倉二郎 編著)、南江堂, 2011.

 

コンディショニングの評価とその活用-下肢の柔軟性-(スポーツ損傷予防と競技復帰のためのコンディショニング」、山本利春 編著)、文光堂, 2011.

 

リハビリテーションとリコンディショニングの手法、キック動作&全身持久力(アスリートのリハビリテーションとコンディショニング、小林寛和 編著)、文光堂, 2011.

 

スポーツ傷害の運動療法(運動療法学、柳澤健 編著)、金原出版, 2011. *覚張秀樹先生と共同執筆

 

 

スポーツ動作の観察・分析―蹴る(アスリートのリハビリテーションとリコンディショニング、小林寛和編)、文光堂, 2011.

 

リハビリテーションとリコンディショニングの手法、キック動作&全身持久力(アスリートのリハビリテーションとコンディショニング、小林寛和 編著), 文光堂, 2011.

 

スポーツ傷害の運動療法(運動療法学、柳澤健 編著), 2010. 金原出版 *覚張秀樹先生と共同執筆

 

スポーツ動作の観察・分析―蹴る(アスリートのリハビリテーションとリコンディショニング、小林寛和編), 文光堂, 2010.

 

【競技指導成績】

  

FIFA女子ワールドカップ、サッカー女子日本代表、準優勝、2015

 

18AFCアジアカップ、サッカー女子日本代表、優勝、2014

 

17回アジア大会、サッカー女子日本代表、準優勝、2014

 

4回東アジアサッカー選手権、サッカー女子日本代表、準優勝、2013

 

EAFF女子東アジアカップ、サッカー女子U23日本代表、3位、2013

 

30回オリンピック大会、サッカー日本女子代表、準優勝、2012

 

FIFA女子ワールドカップ、サッカー女子日本代表、優勝、2011

 

FIFAサッカー女子ワールドカップ、サッカー女子日本代表、優勝、2011(事前)

 

AFCオリンピックアジア予選、サッカー女子日本代表、優勝、2011(事前)

 

17AFCアジアカップ、サッカー女子日本代表、3位、2010 (事前)

 

3回東アジアサッカー選手権、サッカー女子日本代表、優勝、2010